拭き跡を残さずフローリングをキレイに掃除するには

Bonaが紹介する簡単なヒントに従えば、フローリングに残留物や拭き跡が残る心配はありません。

フローリングに残留物や拭き跡が残ったりするのを防ぐためには、適切なツールとクリーナーを使う必要があります。世の中にはさまざまなクリーナーがあり、またフローリングの正しいケアについて間違った情報もあります。床だけでなく家族や環境にも安全で、最も効果的な商品を選ぶようにしましょう。

通常はクリーナーの残留物と床に残ったホコリによって拭き跡が筋のように残ってしまいます。市販されているクリーナーの多くは、様々なタイプのフロア材に使用可能で、フローリングにも安全だとされています。しかし、フローリングは繊細なので、取り扱いに注意が必要です。マルチ素材用のクリーナー、オイルソープ、そしてスチームクリーナーの使用は避けて、フローリング専用に開発されたものを使ってください。また、BonaダスティングパッドとBonaクリーニングパッドは、残留物による拭き跡を防ぐために、他のクリーナーで使用していないものを用意してください。掃除前、掃除中はクリーニングパッドをしっかりとすすいで、キレイなものを使用して下さい。

フロアに拭き跡がつくのを防ぐために、乾拭きでもクリーナー拭きでも、マイクロファイバーは効果的です。静電気の作用を利用して、床からしっかりとホコリをキャッチするので、ホコリを押しのけて移動させるだけということがありません。また、抗菌性パッドよりもずっと健康的です。ゴミやホコリ、細菌をただ殺して床の上を移動させるのではなく、しっかりとモップがキャッチするからです。

拭き跡が筋のように残ってしまう要因には、窓用のスプレーの飛沫や他の家庭用クリーナーが床に付着するといったことも考えられます。家の他のエリアを片付けるときにも気を付けてください。残留物を防ぐためにご自宅のフローリング以外の床(石材やタイル、ラミネート)にはBonaストーン・タイル・ラミネートクリーナーを。床以外の場所にはBonaキャビネットクリーナーやBonaカウンタートップクリーナーを使いましょう。

 

以下の5つのヒントで、フローリングに拭き跡がつかないようにしましょう。

  • マルチ素材用のクリーナー(万能クリーナー)、オイルソープ、スチームクリーナーはフローリングには使用しない
  • フローリング専用のクリーナーを使用する
  • 使用前にクリーニングパッドをしっかりとすすぐ
  • フローリングにはマイクロファイバー製のBonaダスティングパッドとBonaクリーニングパッドを使用する
  • フローリングに他の家庭用クリーナーの飛沫がかかるのを防ぐ

関連商品

Bonaフロアクリーナー

商品詳細

Bonaディープクリーナー

商品詳細

Bonaフリー&シンプルクリーナー

商品詳細