フローリングのくもりを取り除く方法

フローリングは美しいつやがあってこそ、最高の住空間を創り出します。床につやがなくなり、くもってしまうと、元に戻すことは困難です。不可能ではありませんが、きちんとした知識がないと床を美しくよみがえらせようという努力が裏目に出てしまいます。

フローリングがくもってしまう根本原因を特定すると、試行錯誤しなくても、適切な解決策を見つけることができます。

不適切なクリーナーの使用:様々なフローリング用クリーナーが市場には出回っているので、どうしても間違った商品を手に取ることもあるでしょう。昔は効果的だったクリーナーも現在のフローリングには合わないということがあるかもしれません。オイルソープ、ワックス、家具磨きなどの商品を使うと、床がくもり、床がべたべたしてしまいますので、使用は避けましょう。

クリーニングパッドの汚れ:マイクロファイバークリーニングパッドは部屋ごとなど頻繁に交換するか、汚れを洗い流しましょう。汚れたパッドではキレイになるどころか、汚れを広げてしまう可能性もあります。

キッチンの床の掃除は最後に:通常、キッチンの床はほこりや汚れが最も多い場所です。他の部屋にその汚れを持ち込まないように、最後に掃除してください。

ワックスの堆積:ポリウレタンの仕上剤が塗布された床にワックスは必要ありません。ワックスを塗布してしまうと、仕上剤と反応して床をくもらせてしまいます。

クリーナーの使い過ぎ:フローリングの掃除にはマイクロファイバーモップと少量のクリーナーで十分です。クリーナーの使用量は少ないほうがよく、多すぎると床はくもってしまいます。

水分の影響:水とフローリングは相性がよくありません。掃除の過程で少量の水を使うことはできますが、大量の水を使うことはフローリングを傷め、見た目を損なう原因となります。マイクロファイバーでない繊維やスポンジ製のモップの使用は避けましょう。それらは一旦吸水すると、それ以上の水はあまり吸い取らないため、床に水分が残ってしまう可能性があります。

不適切な仕上剤の塗布:仕上剤をしみの上に塗ったり、その前に塗布した仕上剤の層が完全に乾く前に重ね塗りしてしまうと、仕上剤に含まれる溶剤が気化したガスが塗膜に閉じ込められて、その結果くもってしまいます。

フローリングのくもりを解決する方法はシンプルです。くもってしまった保護膜を分解して除去し、正確な技術で掃除することで、床の美しさはよみがえります。フローリングのくもりの原因のほとんどは、クリーナーが床表面に残って、積み重なっていることです。くもりの原因や深刻度によって、取るべき対策は様々です。

アンモニア水を使う:アンモニアを16倍の水で希釈したアンモニア水を作って、床をくもらせている保護膜の層を除去します。多量の水分で床を傷めないように、しっかりと拭き取ります。

塗布されている仕上剤を除去する:もっと積極的なアプローチとして、サンディングで塗布されている仕上剤を除去し、再度仕上剤を塗布するという方法もあります。この方法を用いると床は新品同様の状態に戻ります。

フローリングをくもらせる原因は間違ったクリーナーの使い方にあることがほとんどです。その床に最適なメンテナンス方法については、フローリングメーカーに確認してください。もし情報が手に入らない時には、必ずフローリング専用のクリーナーを使用しましょう。

Bonaの商品はフロアの保護と環境への配慮を特に重視して開発されています。Bonaのクリーナーを使うと、床がくもることもクリーナーが残留することもありません。床を美しく輝かせ、しっかりと保護する完璧な商品を見つけてください。

関連商品

Bonaプレミアムスプレーモップ

商品詳細

Bonaプレミアムマイクロファイバーモップ

商品詳細

Bonaフロアクリーナー

商品詳細